2022.6.29|WordPress

WordPress(ワードプレス)でプラグインなしで「パンくずリスト」を表示する実装方法

WordPress(ワードプレス)でプラグインなしで「パンくずリスト」を表示する実装方法

WordPress(ワードプレス)で、パンくずリストを表示することができます。パンくずリストを表示するには、プラグインを利用して表示する方法とプラグインを利用しないで表示する方法があります。「パンくずリスト」には意味があり、意味や役割を理解し正しく記述することで様々な効果が期待できます。

今回は、WordPress(ワードプレス)でプラグインなしで「パンくずリスト」を表示する実装方法を解説します。

プラグインなしで「パンくずリスト」を表示する実装方法

プラグインなしで「パンくずリスト」を表示させる場合は、「functions.php」ファイルに各ページ用のパンくずリストを実装するコードを記述し、「archive.php」や「single.php」などのテンプレートファイルにパンくずリストを表示させる関数コードを記述する必要があります。

パンくずリストとは?SEOへの影響とSEOに効果的な書き方
【「パンくずリスト」を実装する方法】
1.「functions.php」ファイルにコードを記述
2.「テンプレート」ファイルに関数コードを記述

1.「functions.php」ファイルにコードを記述

サーバーにインストールされたWordPressの「テーマ」ファイルから「functions.php」ファイルを探します。
「functions.php」ファイルを開いて必要なコードを記述し、保存を行ったファイルをサーバーにアップロードします。

パンくずリストを実装するコード
function breadcrumb($divOption = array("id" => "breadcrumb", "class" => "clearfix")){
global $post;
$str ='';
if(!is_home()&&!is_admin()){ /* !is_admin は管理ページ以外という条件分岐 */
$tagAttribute = '';
foreach($divOption as $attrName => $attrValue){
$tagAttribute .= sprintf(' %s="%s"', $attrName, $attrValue);
}
$str.= '<div'. $tagAttribute .'>';
$str.= '';
$str.= '<a href="'. home_url() .'/">Webデザイナーブログ TOP</a>';
$str.= '&nbsp;&rsaquo;&nbsp;';
 
if(is_category()) {	//カテゴリーのアーカイブページ
$cat = get_queried_object();
if($cat -> parent != 0){
$ancestors = array_reverse(get_ancestors( $cat -> cat_ID, 'category' ));
foreach($ancestors as $ancestor){
$str.='<a href="'. get_category_link($ancestor) .'">'. get_cat_name($ancestor) .'</a>';
$str.='&nbsp;&rsaquo;&nbsp;';
}
}
$str.='<a href="'. get_category_link($cat -> term_id). '">'. $cat-> cat_name . '</a>';

} elseif(is_single()){	//ブログの個別記事ページ
$categories = get_the_category($post->ID);
$cat = $categories[0];
if($cat -> parent != 0){
$ancestors = array_reverse(get_ancestors( $cat -> cat_ID, 'category' ));
foreach($ancestors as $ancestor){
$str.='<a href="'. get_category_link($ancestor).'">'. get_cat_name($ancestor). '</a>';
$str.='&nbsp;&rsaquo;&nbsp;';
}
}
$str.='<a href="'. get_category_link($cat -> term_id). '">'. $cat-> cat_name . '</a>';
$str.='&nbsp;&rsaquo;&nbsp;';
$str.= ''. $post -> post_title .'';
} elseif(is_page()){	//固定ページ
if($post -> post_parent != 0 ){
$ancestors = array_reverse(get_post_ancestors( $post->ID ));
foreach($ancestors as $ancestor){
$str.='<a href="'. get_permalink($ancestor).'">'. get_the_title($ancestor) .'</a>';
$str.='&nbsp;&rsaquo;&nbsp;';
}
}

$str.= ''. $post -> post_title .'';
} elseif(is_date()){	//日付ベースのアーカイブページ
if(get_query_var('day') != 0){	//年別アーカイブ
$str.='<a href="'. get_year_link(get_query_var('year')). '">' . get_query_var('year'). '年</a>';
$str.='<li>&gt;</li>';
$str.='<a href="'. get_month_link(get_query_var('year'), get_query_var('monthnum')). '">'. get_query_var('monthnum') .'月</a>';
$str.='<li>&gt;</li>';
$str.=''. get_query_var('day'). '日';
} elseif(get_query_var('monthnum') != 0){	//月別アーカイブ
$str.='<a href="'. get_year_link(get_query_var('year')) .'">'. get_query_var('year') .'年</a>';
$str.='<li>&gt;</li>';
$str.=''. get_query_var('monthnum'). '月';
} else {	//年別アーカイブ
$str.=''. get_query_var('year') .'年';
}
} elseif(is_search()) {	//検索結果表示ページ
$str.='「'. get_search_query() .'」で検索した結果';
} elseif(is_author()){	//投稿者のアーカイブページ
$str .='投稿者 : '. get_the_author_meta('display_name', get_query_var('author')).'';
} elseif(is_tag()){	//タグのアーカイブページ
$str.='タグ : '. single_tag_title( '' , false ). '';
} elseif(is_attachment()){	//添付ファイルページ
$str.= ''. $post -> post_title .'';
} elseif(is_404()){	//404 Not Found ページ
$str.='404 Not found';
} else{	//その他
$str.='<a href="'. get_permalink($ancestor).'">'. get_the_title($ancestor) .'</a>';
$str.='&nbsp;&rsaquo;&nbsp;';
}
$str.='';
$str.='</div>';
}
echo $str;
}

2.「テンプレート」ファイルに関数コードを記述

「functions.php」ファイルに記述したパンくずリストを各ファイルで表示させるためには、「archive.php」や「single.php」などのパンくずリストを表示させる「テンプレート」ファイルに関数コードを記述する必要があります。
「archive.php」や「single.php」などの「テンプレート」ファイルを開きパンくずリストを表示させる個所に関数コードを記述します。

テンプレートタグを記述
<?php output_breadcrumb(); ?>

まとめ

パンくずリストを表示する方法はプラグインを利用する場合など沢山の方法がありますが、プラグインを利用することでWebサイトのパフォーマンスに影響する場合があるので「functions.php」ファイルに直接記述する方法をおすすめします。