2021.12.4|JavaScript

htmlとcssで組み立てたコードと jQuery Mobileで組み立てたコードの違い

htmlとcssで組み立てたコードと jQuery Mobileで組み立てたコードの違い

jQuery mobileは、スマートフォンサイトやタブレットサイト向けのUI(ユーザインタフェース)を簡単に制作できます。 JavaScriptのライブラリだけでなくUI(ユーザインタフェース)を拡張するライブラリも提供されています。
jQuery mobileは、ページ要素の配下にdata-role属性がheaderやfooterである要素を配置することで、定型的(ウィジェット要素)なヘッダー、フッターを作成できます。 また、ボタン、リスト、フォーム、ポップアップなど、すべて定型的(ウィジェット要素)に作成できます。 通常のHTML要素にjQuery mobile用の要素を指定し組み立てていきます。

今回は、htmlとcssで組み立てたコードとjQuery Mobileで組み立てたコードの違い比較してみます。

htmlとcssで組み立てたコードとjQuery Mobileで組み立てたコード

jQuery MobileはHTML5のdata-〇〇〇〇属性を活用したコーディング方法となります。
jQuery MobileページはHTML5のルール、jQuery Mobileルールにのっとって記述する必要があるます。
data-role属性の値に、「header」や「content」など、用意されているUIタイプを指定することによってUIを表示させることができます。
二つのコーディング方法の違いを見てみます。

1.containerのコーディング比較

htmlとcssで組み立てたコード
<div id="container">
ページ
</div>
jQuery Mobileで組み立てたコード
<div data-role="page">
ページ
</div>

2.headerのコーディング比較

htmlとcssで組み立てたコード
<div class="header">
ヘッダー
</div>
jQuery Mobileで組み立てたコード
<div data-role="header">
ヘッダー
</div>

3.contentのコーディング比較

htmlとcssで組み立てたコード
<div class="content">
コンテンツ
</div>
jQuery Mobileで組み立てたコード
<div role="main" class="ui-content">
コンテンツ
</div>

4.footerのコーディング比較

htmlとcssで組み立てたコード
<div class="footer">
フッター
</div>
jQuery Mobileで組み立てたコード
<div data-role="footer">
フッター
</div>

jQuery Mobile要素で組み立てたhtml

上記でご説明したjQuery mobile要素を使ってヘッダー、コンテンツ、フッターを組み立てます。

jQuery mobile要素を使ったページ
<!doctype html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1">
<title>jQuery mobile要素を使ったページ</title>
<link rel="stylesheet" href="https://code.jquery.com/mobile/1.4.2/jquery.mobile-1.4.2.min.css" />
<script src="http://code.jquery.com/jquery-1.11.0.min.js"></script>
<script src="https://code.jquery.com/mobile/1.4.2/jquery.mobile-1.4.2.min.js"></script>
</head>
<body>
<!--ページ領域-->
<div data-role="page">

<!--ヘッダー領域-->
<div data-role="header">
ヘッダー
</div>

<!--コンテンツ領域-->
<div role="main" class="ui-content">
コンテンツ
</div>

<!--フッター領域-->
<div data-role="footer">
フッター
</div>

</div>

</body>
</html>

jQuery Mobile data-role属性一覧

jQuery mobileでコーディングする際のdata-role属性一覧をご紹介します。

data-role属性一覧
ウィジェット 指定方法
ページ data-role=”page”
ヘッダー data-role=”header”
フッター data-role=”footer”
ナビゲーションバー data-role=”navbar”
タブ data-role=”tabs”
リスト data-role=”listview”
ポップアップ data-role=”popup”
パネル data-role=”panel”
開閉式コンテンツ data-role=”collapsible”
開閉式コンテンツのセット data-role=”collapsible-set”
テーブル data-role=”table”
コントロールグループ data-role=”controlgroup”
フリップスイッチ data-role=”flipswitch”
レンジスライダー data-role=”rangeslider”

まとめ

jQuery Mobileの記述ルールいくつかありますが、htmlとcssで組み立てたコーディングと見た感じあまり変わりはありません。基本となる記述ルールを知っておけば意外と簡単です。
ここで解説したコードに要素を加えていけばUIデザインが表示されるようになるので細かいcssコードを入れなくても簡単です。