テキスト・フォント

「font-family」プロバティ

「font-family」プロバティは、文字のフォント種類を指定するCSSプロバティです。
フォント種類は「MS ゴシック」「MS 明朝」「sans-serif」などの値を指定することができますが、ユーザーのデバイスにインストールされていないフォントは表示されず、他のフォントが使用されます。

「font-family」プロバティの値

文字の太さの数値は「100」「200」「300」「400」「500」「600」「700」「800」「900」などの9種類の値を指定することができますが、フォントによってはそれらのサイズが用意されていない場合もあり、数値を設定しても太さに変化しないことがあります。9種類の数値の他には「normal」「bold」などの値を指定することができます。 ※指定したフォントが閲覧者の環境にない場合は、ブラウザーで設定された標準のフォント(システムフォント)が表示されます。

「font-family」プロバティの指定方法

文字の太字を指定する場合は、「font-family」プロバティを使い適応する値を指定することで実装できます。

「font-family」プロバティ
セレクタ{
font-family;文字の太さ;
}
値例
/* 基本値 */
font-weight: 100;
font-weight: 200;
font-weight: 300;
font-weight: 400;
font-weight: 500;
font-weight: 600;
font-weight: 700;
font-weight: 800;
font-weight: 900;
font-weight: normal;/* 初期値 */
font-weight: bold;/* 太字 */
font-weight: lighter;/* 親要素に対しての1段階細く */
font-weight: bolder;/* 親要素に対しての1段階太く */
表示例

文字の太さ(100)

文字の太さ(500)

文字の太さ(bold)